建設ICT / i-Construction

CONSTRUCTION ICT

面的管理システム ロードランナー

計算不要で簡単に丁張設置、出来形確認!
(NETIS CG-110032-VR)

GNSSや自動追尾トータルステーションを用い、測量計算不要で簡単に丁張設置や出来形確認が行えるシステムです。測量手間のかかる盛土のまき込みや、タンプや側道など複数の線形が混在するインターチェンジ工事でも面倒な測量計算不要で丁張設置が可能です。2011年にNETIS登録以来、北海道から沖縄県まで200以上の現場に導入させて頂いております。2017年には 国土交通省東北地方整備局の活用促進技術にも選ばれました。

- 詳しくはこちら

「施工管理も出来形計測もこれ1台で。MS Road Runner」

山陽測器の提供するICT技術

  1. UAV、レーザースキャナーによる
    3次元測量

    UAVやレーザースキャナー等を用い起工測量を行う事により短時間で高密度な測量が可能になります。
    UAV,レーザースキャナーのレンタルも行っております。

  2. 3次元測量データによる
    設計・施工計画

    平面時・縦断図・横断図を元に3次元設計データの作成を行い現況の点群データと重ねる事により、設計の段階で図面の照査ができ、切り出し、盛り始め、切盛り境がわかります。
    3次元測量データによる設計・施工計画の支援業務もお任せください。

  3. ICT建設機械による施工

    3次元設計データを基に、ガイダンスを行います。弊社ではバックホウガイダンスシステム・敷き均し管理システム・転圧管理システムの販売・レンタル・設置サポートを自社にて行っております。

    - レンタル商品を見る

  4. 3次元出来形管理等の施工管理

    出来形管理をUAVやレーザースキャナー、その他の3次元計測技術を用いてを行います。レンタルはもちろんUAVやスキャナによる計測支援も行っております。

  5. 3次元データの納品

    設計及び出来形データを電子成果品としてまとめ、電子納品等要領に従い、工事完成図書を納品いたします。

PAGE
TOP